大地を守る会の野菜の味
大地を守る会の野菜についての紹介をしています。大地を守る会の美味しく安全な野菜を是非ご注文頂ければと思います。詳しくはサイトをご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地を守る会とは
大地を守る会というこの有機食材サービスの名称は少々変わっているという感想を持つ方も多いのではないでしょうか。

 通常、農作物の宅配サービスですと、「安心野菜」や「新鮮野菜」なんてタイトルがつきそうなものですが....。

ちょっと不思議ですよね。

その秘密はこの会社のできたころに遡る必要がありそうです。

大地を守る会が設立されたのは1975年。今からなんと38年前。
時代はオイルショック後の高度経済成長期の爪痕が残る日本列島です。

それまで、イケイケドンドンでやってきた日本経済に「環境や人に配慮した農作物を作ろう」といった考え方はすごく少なかったと思います。

このような時代に大地を守る会は生まれました。まさしくパイオニアですね。

【大地を守る会の社会的意義】

大地を守る会が、大地をキーワードとしている点は、大地が人間と自然環境の「共存」、「共生」のハブとして存在しているからなのです。

 先の高度経済成長期においては、農作物は大量生産が求められ、野菜を生む大地は、単なる工場のように多量の化学肥料や農薬が使用されていたと思います。

 お気づきとは思いますが、上記のような当時の農業生産の方法では、化学肥料の多用による環境汚染や残留農薬の人体への影響が社会問題となっていました。

 大地を守る会は、この問題を解決するべく、自然環境と人間をつなぐ「大地」を守ることを理念として発足しました。

 環境汚染により、微生物やミミズの生存できない大地は、いずれ人間にもツケをまわしてくると考えたからです。

 この考え方は、農作物の安全志向の高める現代においても、口コミや評判を呼んでおり、大地を守る会は単に利益を追求するだけではない、社会的起業となっています。

生きた大地の味のする野菜を是非ご賞味ください。

↓↓↓家族が安心して食べられるお野菜♪↓↓↓
>>>送料0円のお試しセットは980円から!大人気なので売り切れる前にチェック!







スポンサーサイト
大地を守る会の野菜の安全性
野菜の安全性について、今何に注目をすべきなのでしょうか。

大地を守る会では、野菜の残留農薬のチェックまた、業界トップクラスの放射法測定を行っています。

ここでは農薬の使用状況について見てみましょう。

大地を守る会では有機農法と農薬不使用の割合は全体の75%です。

例えば、ほうれん草の出荷出荷までの農薬使用回数はどうでしょうか。

葉がやわらかいほうれん草は、アブラムシ等の害虫に被害を受けやすいのはご存知ですね。

農薬を撒布すれば害虫駆除の効果はありますが、それによる人体への影響も考えなければなりません。

では、農薬の撒布回数を比較してみましょう。

一般の栽培方法では7回。特別栽培では4回の撒布ですが、大地を守る会の栽培方法では、なんと0回。撒布をしていないのです。

(※ちなみに、特別栽培とは農水省のガイドラインに基づくものであり、農薬5割以上減、化学肥料不使用等の要件が定められた栽培方法のこと。)

大地を守る会の野菜は、いかに農薬を使用せずにお客様の元に届けられるかが考えられています。

農薬を使用すれば簡単に駆除できる害虫や雑草も、知恵や手間を用いて安全な野菜が作れるよう日々努力をしているわけです。

美味しくて安全な大地を守る会の野菜を、是非ご賞味ください。

↓↓↓農薬散布0回!これは安心ですね!↓↓↓
>>>35年の信頼、大地を守る会のお試し野菜セットが送料無料で980円から







野菜の安全性の評価
最近、野菜を購入する際に、野菜の安全性を重視する人は多いのではないでしょうか。

 口コミや評判でどこどこの野菜は安全だとか、生産者の顔が見える野菜というように、消費者は農作物がどこで作られ、どのような肥料や農薬が用いられたという情報を常に知りたい世の中になったと思います。

 それもそのはずで、少し前にあった輸入野菜の残留農薬や、産地偽装の問題などからも、消費者の視点から農作物生産者と消費者の間をクリアにしてもらいたいという欲求がでてくるのは自然の流れなのかもしれません。

 また、昨今では原発事故による放射能の問題もあり、一層野菜の安全志向が高まっているというのが正直な感想なのではないでしょうか。

では、大地を守る会で野菜を安心して購入できる理由をご説明しましょう。

↓↓↓こだわりの生産者がかなり揃ってます!↓↓↓
>>>お試し野菜セットは送料無料で980円からありますよ♪








海洋深層水使用の効果とは
水道水や井戸水に比べ、窒素やリンが豊富な海洋深層水が農業に用いられるというのは理にかなった話でありますね。

 また、海底200メートルを流れる栄養豊富な水が、陸地の農作物を育てるのに実は効果があるなんて何ともロマンがある話ではないでしょうか。

石渡さんは大地を守る会に野菜を提供するこだわりの農家です。

 例えば石渡さんの春キャベツは育苗の段階からミネラルたっぷりの海洋深層水が与えられます。

 栄養満点に育ったキャペツは、葉の巻き方がふんわりと全体的に柔らかいのが特徴です。
 
 石渡さんのキャベツをちぎって口に入れると、なんの味付けをしなくても、瑞々しい歯ごたえと、やさしく円やかな甘みを感じることができます。

 大地を守る会の野菜たちは、このようなこだわりの農家の方々が作ったものばかりです。瑞々しい野菜の味を、一度お試し頂ければと思います。

↓↓↓ふんわりとした栄養満点のキャベツ食べてみませんか?!↓↓↓
>>>お試し野菜セットは送料無料でなんと980円から!







大地を守る会の生産者のこだわり
モノを作る上で、「こだわり」は重要なキーワードではないでしょうか。

行列のできるラーメン店がスープにこだわるように、この世の中でそれなりのモノを作り出している人には「こだわり」があると思うのです。

大地を守る会の野菜づくりも例外ではありません。

例えば、神奈川県の農家 石渡稔さん。海洋深層水を畑の水として使用しています。

海洋深層水というとちょっと高級なミネラルウォーターというイメージではありますが、そのような水を野菜作りに使うことで、どれほどの効果があるのでしょうか。


 実は海洋深層水の農業への利用はしっかりと実績があるのです。

沖縄では、海洋深層水を用いて茄子の栽培が行われており、アクの少ないまろやかで甘みのある茄子の栽培がされているという報告がされています。

↓↓↓こだわりの生産者が作った美味しい野菜!!↓↓↓
>>>お試し野菜セットが送料無料で980円からありますよ!









大地を守る会



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。